採用情報

スタッフインタビュー

ライフケアの施設で働く介護士、看護師、
ケアマネージャーのインタビューをご紹介します。

介護士

介護士 : 工藤 悟さん

何事にも一生懸命、というか必死の工藤さん。
そんな工藤さんのことを一番知っていて、可愛がってくれるのは、いつも叱ってくれるご利用者の方々や先輩、同僚なんです。ガンバレ〜

ー ライフケアでの勤務歴は?

高校を卒業してから働き始め、3年半になります。

 

ー なぜ介護の仕事をしようと思ったのですか?

自分が小さい時からおばあちゃん子で、おばあちゃんが大好きだったんです。
小学校の頃、近所のお年寄りを家族で救急車を呼んで助けたこともあって、
お年寄りのお世話をする『 介護 』というものに漠然と興味がありました。

 

ー どうやってライフケアを知ったんですか?

学校の先生と一緒に行った就職説明会で声をかけられて、
説明を聞いて興味が湧き、先生からの勧めもあり決めました。

 

ー 高校を卒業してすぐに社会へ出た戸惑いはありませんでしたか?

やっぱりありました。ちゃんと社会人として仕事を続けていくことができるんだろうか…。
働き始めても役に立てているんだろうか…。
迷惑をかけていないのか…。
いつも心配でした。
実は、今でも心配です。(笑)
働き始める前に何度かライフケアへ見学に来たり、
スタッフの方から話しを聞かせてもらったり、
実際にご利用者様とお話しする機会をいただいたり、
ボランティアとしてお手伝いもさせていただきました。
雰囲気を知ってから働き始められたことは、
心配性の僕としては、とても良かったんだと思います。

 

ー ライフケアグループのスタッフの印象は?

一言で言うと『 厳しい 』でも自分のために言ってもらっているんだと感じます。
年齢の幅も広くて、同じ世代からお母さん世代、それ以上の人も!(笑)。
だから僕みたいな年でも仕事のこと以外でもいろいろ相談ができて、
すごく仲が良いと思います。
落ち込んでいる時にも優しく声をかけてくれる人がたくさんいます。
仲間がいるから頑張れます。

 

 

ー 介護の仕事をしていて良かったと思うこと。

勉強をして色々身につけて覚えていくことができると嬉しく思います。
勉強しなきゃいけないことはたくさんあります。
病気のこととか薬のことも知っていないといけない。
学生の頃から勉強は得意ではなかったけど、
勉強するとその分、
「あっ、これは!!」ってわかる発見も増えて嬉しいです。
大変だけど、ご利用者様、ご家族様から名前を呼んでいただけた時は、
「何かのお役に立てたのかな?」と思えます。

 

ー 介護の仕事は難しい?

難しいです…。
身体介助、食事介助…
ひとつひとつ人それぞれに違いがあって…。
人それぞれ考え方も思っていることも違うので、
それがなかなか伝わらなくて、うまくいかなくて。
ご利用者様に叱られることも、
上司から指導を受けることも、
同僚からも叱咤激励されることもたくさんあります。
これも『 毎日が勉強 』 ですね。

 

ー 工藤さんにとって『 介護 』ってどんな仕事?

人の役に立てた時の喜びは
他のものとは比べものにならないと思います。
「ありがとうね。」って言ってもらえた時は最高に嬉しいです。
人に必要とされたい。
認められたい。
と思っているので、それを実現できる仕事だと思います。

 

 

 

img_1456

img_9422

img_0429

 

 

 

 

PAGETOP