認知症

このページで出会ったご家族のみなさまは、様々なことに⼾惑われ、不安な毎⽇を過ごされておられるのかと思います。

認知症と診断された
今最近、何度も同じことをいう
もしかして認知症︖
これからどうしていったらいいの︖
どこの先、どうなってしまうの︖

「誰に相談していいのか︖」お⼀⼈で悩みながら⽇々お世話をされているご家族の⽅のご苦労はやご⼼配は計り知れないものだと思います。

しかし、認知症という病気を正しく理解することができれば、ちょっとした配慮や⼯夫ができるようになります。
例えば、⽇々の関わりで随分とお互いの苦痛が軽減されることもあります。

認知症を患っていても、適切な援助を受けながら社会⽣活を継続して送る権利が保障されています。
⼤切なその⽅は病気になる前までは社会の⼀員として活躍し、家庭を⽀え、⼦供を育ててこられた⽅ではないでしょうか︖
「〇〇ができなくなった」「△△がわからなくなった」と、認知症の症状にばかり⽬をやるのではなく、その⽅の変わらぬ本質をしっかり⾒つめて、その時々に必要な⼿助けを、私たちは、医療や介護の専⾨職が連携してサポートしていきます。

私たちライフケアグループでは認知症⾼齢者に⾒られる特有なこころとからだの障害に対して、頭ごなしに否定することなく、広い⼼で受け⼊れ、その⽅の尊厳を守り、できることはご本⼈へ、そしてその⽅の⾏動の理由を察し、気持ちの共感ができるよう、認知症ケアの研修や、コミュニケーション技法研修を⾏なっています。
また、認知症ケア専⾨⼠の配置や名古屋市内でも希少な、認知症ケアに特化した専⾨職を配置しています。

認知症の知識とケアについて正しく理解しいただく事と 共に疲弊したご家族に対するカウンセリングやケアを実施することで、すこしでもお互いの関係維持につながるよう⼼がけています。

リハビリ

最近、退院を控えた高齢者を介護するご家族から、このようなご相談をいただく機会が増えています。

親に以前のような気力がない気がする
今は親が一人で暮らしているので一人で暮らしていけるのか不安
自分たちも日中は仕事なので、その時間に何かあった時がこわい
お医者さんやソーシャルワーカーさんから介護施設でのリハビリを勧められた

ご家族としては、ご本人がようやく退院できるようになれたのですから、 以前のように元気に暮らしてもらいたいと考えるのが当たり前なのですが、 ご本人が同じく前向きに一歩を踏み出してくれるとも限らないようです。

事実、ご本人が、病気や怪我がきっかけで閉じこもりがちになってしまい、体を動かさな い生活を送ってしまっている方も少なくありません。 しかしそのような生活を送っていては、体や心がポジティブな状態になることはないでしょう。

また、ご家族のリハビリは、身内であれば頑張って一緒になってやってあげたいと思うのが 当然ですが、四六時中一緒にリハビリに付き合うわけにもいきません。

エルシーエスでは、ご本人に自立した生活を続けていただく為に、気持ちと体のリハビリ を同時に行い、 単なる機能訓練ではなく、それまでの元気な暮らしを取り戻す事を目的としたサービスを 展開しています。

ご本人の中には介護事業所には世話になりたくない、と考える方もいらっしゃいますが、 今までの生活を取り戻すために、一時的なリハビリの為にエルシーエスをご利用いただい ている方も多数いらっしゃいます。

様々な介護の現場を見てきた専門スタッフがご相談に乗らせていただきます。 自分たちだけで悩むのではなく、まずはエルシーエスに相談してみてはいかがですか。

PAGETOP