事業所案内
2020.03.24 Tue

春らしさを感じながら。

暖かい日が続くようになりました。

暑さも寒さも彼岸まで、という言葉がありますが

まさにその通りですね。

 

そう、もう3月です。

桃の節句、お雛さんを飾らしてもらいました。

 

「そっちの方持ってください」

「そこのネジをお願いします」

職員と利用者様と分担して声を掛け合いながらの飾り付け。

 

雛人形を箱から出すと

「わぁキレイね」「いい顔してるわね」

 

 

「たくさんあるね~」

「娘が小さい頃は出してたな」

 

 

一つ一つ机の上に置いていくとすごい量になりますね。

 

 

「三人官女、五人囃子ね」

「家で飾りましたよ」

 

 

 

「どのあたりかな?ここかな?」

「先に箱を並べようかな?」

 

 

スタッフも一緒に首をひねりながら。

 

見本がこの位置だから・・・ここ?

「こっちの絵は太鼓かな?」

見本をみてもなにか違う気が・・・

 

 

1年に1回のことなので皆忘れちゃいますね。

 

「これで最後かな?これつけて・・できた」

なんとか飾り終えることができました。

「家はお内裏様とお雛様だけだったな」

 

 

「出すときよりもしまう方が大変だね」

どっちも大変ですね。

「早くしまわないとお嫁にいき遅れるって言うでしょ」

お雛様を見ていると色々な思い出が出てくるようですね。

 

 

 

 

 

 

今年はつるし雛も飾らせて頂いて雛祭の雰囲気を

いっぱいに感じられていました。

 

一方花壇では。

菜の花を育てていましたが、そろそろ菜の花も

終わりの季節。

「りっぱに育ったね。食べるの?」

お花の部分だけ残して片付けましょうか

「もったいないけどしょうがないね」

 

 

菜の花、雑草を抜き、手入れを手伝ってもらいました。

「茎の部分がこんなに太いね」

「ちょっと力がいるな、まっすぐ抜いたらいいかな?」

 

 

「あー腰が痛い・・・」

「でもキレイになったね」

 

 

次は何を植えましょうね

「私はお花がいいな」

また植えかえるものを相談していきたいと思います。

おかげ様できれいになりました。ありがとうございます。

 

これからもみなさまと季節の移り変わりを楽しみながら

色々なお話をしたり、意見をきいたりして、

より明るい一つ山になるようにしていきたいです。

 

小規模多機能ホームライフケア一つ山

早川 翔

2020.02.24 Mon

暦の上では春です。

立春も過ぎて、暦の上では春です。

暖冬と思いきや、まだまだ寒い日が続いています。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

ライフケア一つ山では節分の日に

毎年厄除けとして『柊イワシ飾り』を飾っています。

 

 

 

 

 

 

「家で昔はやってたけど最近は全然だなあ」

「家の方では恵方巻きを食べるくらいで

こんなことはやったことがないよ」

「こっちの方に来てから初めて知ったよ」

と言う方も。。

地域によって違いがあるようですね。

 

 

 

 

 

 

「どこに飾ろうか?」

少し高めの位置に、今年も猫に食べられないように。。。

 

 

 

 

 

 

「鬼は〜外〜」

節分の日は恵方巻。豆まき。

とやることはやりました。

今年一年間、無病息災「これで病気しないわ」

 

 

春の訪れと共に花も咲き始めています。

 

 

「昔は花屋だったんだよ」

「通る人に楽しんでもらえたらいいね」

 

 

 

手入れも皆さんでおこなっています。

「長く綺麗に咲くといいね」

 

 

 

 

 

 

 

テーブルの上も花が増えてきました。

「スイセンいい香りだね」

「菜の花、綺麗に咲いてるね」

 

 

もう梅も咲き始めてきてますよ

「そうなの。。どうこんなのは」

良い色合いです。

 

もう春を感じることができる季節ですね。

あっ暦の上では春ですからね。

あと少し暖かさが待ち遠しいですね。

 

小規模多機能ホーム ライフケア一つ山

早川 翔

2020.01.27 Mon

お茶の時間と大根と。

新年明けまして、おめでとうございます。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

 

突然ですが、お正月といったら何でしょうか?

カルタ?書初め?

色々とありますが、小規模多機能ホーム一つ山では

お正月にお茶会を開催しました。

 

 

懐紙の上にお菓子を。。

「おいしそうなお菓子だね」

「黒文字(小楊枝)はないけど・・・これでも十分」

甘味を堪能されてお抹茶をいただきます。

 

 

「おいしいね。甘めのお抹茶だ」

「大昔にやったね。懐かしくなっちゃう」

やはり、皆さんお茶をされていた方が多いですね。

お茶の先生をされていた方も。

 

 

「懐紙をこうやって折って、飲み口を拭うんだよ」

「私は50年ぐらいずっとやってたんだよ」

袱紗さばきも(お点前の時の作法の一つ)

 

「こうして、1/3に折って三角に・・・

これで茶器や茶杓を拭うの」

「やってみる?・・・ちょっと折り方が大きめだね」

 

 

「わたしもお茶を点ててあげるよ。表千家じゃないからちょっと泡が多いよ」

「私もやってたけど流派は何だったかな?」

皆さんでお茶をたて、お菓子を頂いたり、昔やっていた茶道のことを

思い出してお話をされたりと、和気あいあいしたお正月でした。

 

 

去年から育てていた大根。

 

「すっかり大きくなってるね。もう収穫しても大丈夫」

「霜も下りてくる季節だし、全部抜いちゃおうか」

 

「簡単に抜けるね大きいね」

「これだけ立派だと何にしようか悩むね」

 

立派な大根がたくさん収穫できましたね

この大根で何を作ろうか。

色々意見が出たので皆さんで多数決にしてみようと思います。

「沢庵とか、切干大根にするのはどうかな?」

なら2種類、沢庵、切干大根を作ろうと思います。

また、皆さんお手伝いお願いしますね。

 

小規模多機能ホームライフケア一つ山

早川 翔

PAGETOP