事業所案内
2015.12.22 Tue

ツルノ ヲンガエシ

年の瀬となり、冷え込みも厳しくなって参りました。
何かと忙しい年末ではありますが、体調を崩さない様に充分なご自愛をと存じます。

 

前回お伝えさせて頂きました「ともいきの縁側」に参加した際に、お土産を頂戴して参りました。

 

CIMG5446-1

直ぐに分かった方は、農家出身者か物知りな方。
日頃、目にする機会は少ないとは思いますが「サツマイモのツル」です。

戦後の食糧難の際の代替食糧としかイメージが無い方もおられると思いますが、たんぱく質はレタスの3倍、食物繊維はキャベツの2倍と言う、とっても栄養価が高いヘルシー食材でもあります。

 

皆様にお渡しすると

 

IMG_1069

「こりゃまた懐かしい物を持って来たね」
「配給を思い出すがね」
と、良く知っておられました。

 

IMG_1072

「ちょっと貸してごらん」
そう言われると手際よく皮を剥き始められ、僅か数分で全てのツルが皮剥き状態。
IMG_1070
「懐かしいよね。これは子供の仕事だったから、毎日やったもん」
「今の子はこんなの食べないかもしれないけど、私達にはご馳走だったしね」
「私の姉が皮剥きのやり方を教えてくれたのよ」
と、皮剥きだけでも様々な想いが交差します。

 

 

IMG_1077

「ちょっと、早く鍋と火を持って来て」
言われるがままに用意すると、即座に調理。

「あんた達(職員)、これの食べ方知らんでしょ。私ん達が教えたげるから良く見ときゃあ」
と、人生の先輩達の調理実習と講義が始まりました。

 

「戦争が終わって食べるものが何もない頃、どこの家もツルを食べてたんよ」
『そうよ、お金があっても物自体が無かったからね』
「日本人はいつの間にか贅沢になっちゃったから見向きもせんけど、昔はどこの八百屋でも売ってたんよ」
『そうそう、物を大事にせんといかん』

 

 

IMG_1081

皆様の慣れた手つきで完成した
「サツマイモのツル、きんぴら風炒め(勝手に命名しています)」

「ほら、あんた達(職員)、食べてみやあ」
半場強引に勧められ、試食させて頂きました。
きんぴらの味付けに、ほんわかとサツマイモの香りと味がします。
主観ではありますが、きんぴらゴボウより遥かに美味しいです。

 

「美味しいやろ、ツルやと思って馬鹿にしたらかんで」
『そうやよ、結構なご馳走やで』
「あの頃だってツル食べなかんで惨めだななんて思った事もない」
『私はサツマイモより、こっちの方が好きだったね』
「そうそう私も」
『何や言っても、どんな物も工夫したら何にでもなるんよ』
「ツルもご馳走になるんよ」
『そうだわね、あはははは』

物を捨てる行為に対して「勿体無い」と常に口にされる皆様の言葉の根底に
「工夫」の2文字が隠れていた事実があります。
そして、何気ない会話の中に生活の知恵であったり、言葉の要所要所に暖かい想いが籠っています。

 

 

最後に…
今回の何気ない会話の中の、一番心に響いたお言葉をご紹介します。

 

 

 

 

よう聞いときな

贅沢な美味しいモンも、一人で食べたらちっとも美味しないわ

皆と一緒に、貧乏臭くて不味いモンを食べた方が美味しいでな

皆がいつもおってくれるで良かったわ

 

 

 

 

 

 

2015.12.17 Thu

共に生きる喜び

師走を迎えて木枯らし吹きすさぶ頃となりましたが、如何お過ごしでしょうか?

幾分、肌寒い季節となり空気も乾燥して参りました。

 

話は変わりまして・・・ 「ともいきの縁側」と言うものをご存知でしょうか?

 

IMG_1768

「ともいきの縁側」とは、ケアマネハウス ライフケア相生が毎月10日に実施している野菜即売会です。

野菜販売だけでなく、どなた様でも参加できるカフェも実施しています。
買い物された方や通りすがりに立ち寄った方を始め、毎月楽しみに顔を出してくださる方もいます。

 

そんな「ともいきの縁側」に、ライフケア神明の利用者様が毎回参加しています。

IMG_0464

「今回は見事な良い菜っ葉が入ったね」

『これは直ぐ売れちゃいそう。私のやってた店にあったら、並べる前にお客さんが持ってくよ』

「売らずに取っとく?」

『商売人は商品に手を出したらダメだよ。どんなに欲しくても、商品は売る為にあるんだから』

「根っからの商売人だね」

『お店を何十年もやってたからね』

「本音は、来た人が喜んでまえるだけでいいけどね」

『そうそう、商売っちゃそういうもんよ』

『じゃあ、タダであげる?』

「タダであげたら商売上がったりじゃないの」

 

当初は、「人の役に立ちたい」「まだできる」「お店を切り盛りしてた時の気分や気持ち」と言う所の目標を持って、少々お手伝いする程度での参加だったのですが、参加後の満足した顔を見たご家族様の後押しもあり、今では毎月参加する「ともいきのお馴染みさん」です。

 

IMG_1221

『ほらほら、遊んどらんとお客さんの呼び込みしてよ』
我々が一息ついていると、根っからの商売人から激が飛んできます。

 

IMG_1503

「今日の菜っ葉は良いの入ってますよ」
お馴染みさん2人が来ると、一気に賑やかになります。

 

ブログを御覧になられた皆様も一度お見えになっては如何でしょうか?
ライフケア神明の誇る「お馴染みさん」が、菜っ葉を持ってお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.11.26 Thu

○○の秋

 

 

11月もいよいよ終わりに近づいてきました。

外に出るとクリスマスの装飾が色んな場所で顔を見せ、

「1年もあと1カ月で終わるんだなぁ」

としみじみ感じてしまいます。

 

 

 

さて、皆さんの秋はどんな秋になりましたか?

〔スポーツの秋〕〔読書の秋〕〔食欲の秋〕など色々あります。

 

 

そんなライフケア神明は〔紅葉の秋〕になりました。

 

場所は大高緑地公園。

キャプチャ

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山ある木々の中、真っ赤に染まった紅葉の木が見えて、とてもキレイでした。

 

 

皆様いざ紅葉を見られると

 

 

「見て!とってもキレイよ!」

「なんでこんなに色が付くのかね」

KIMG0034

 

 

 

 

 

 

 

 

と感想をおっしゃられる方や、

 

「大高緑地なんて久しぶりよ。昔は子供を自転車に乗せて来たもんです」

「昔ね、お父さんと一緒に来た事があるの。あの時も今と同じ位の季節。あれから

何年経ったかわかんないけど、凄く嬉しい」

キャプチャ.PNG5

 

 

 

 

 

 

 

と思い出に浸られる方。

 

 

「持って帰って、皆に見せたろ」

「このモミジ、お部屋に飾るわね」

 

キャプチャ.PNG3

 

 

 

 

 

 

 

 

と紅葉の葉を手に取り、持ち帰られる方までいました。

そして帰りは紅葉を背に、みんなでニコニコ笑い、神明に戻りました。

 

 

この時期しか見れない真っ赤に染まる紅葉の葉…

皆さんも秋の締めくくりに見に行かれてはどうでしょう?

そんな私も紅葉の思い出に浸りながら終えたいと思います。

PAGETOP