事業所案内
2014.12.25 Thu

冬になったら

いよいよ冬将軍の到来の季節に

なってきました。

今年もあと1か月を切りましたが、皆様

年越しの準備におわれていることでしょう。

 

さて、冬の防寒具の欲しい季節になってきました。

久方ではそんな季節にぴったりな活動があり、

今回はその活動についてご紹介したいと思います。

「一番最初はマフラーだよ。一番簡単だよ。」

「ただ真っ直ぐ編むだけだから。」

「小学生の時は学校で習ったよ。特別やってたわけでは

ないけど、やったよ。そういえば靴下作ったわ。」

とお話ししてくださり、他のご利用者様からは

「靴下は難しいんだよ。」との他の利用者様からの声もありました。

「かのこ編み。これは丸まりにくいの。」

「マフラーやベスト、セーターはこれで編むのよ。」

と、教えて頂き「かのこ編みは毛糸をたくさん使うの。」と。

 

また、皆様時間を作って作品を作ってくださっています。

こんな形で皆さんの作品を写真で残したり

実際に展示させて頂きいろいろな方に見て頂けるように

コミセン祭りで展示させて頂きました。また、12/25にバザーと

展示会を開催しました。実際に見てもらったり、購入することも

できます。次回その時の様子を報告させて頂きますね。

2014.11.25 Tue

芸術の秋

「秋探き、隣は何をする人ぞ。」  松尾芭蕉

これを『秋深し」と覚えられている方が

多いのではないでしょうか。この歌には、

こんな秋深くなってきた季節に、何を

しているのだろう。と、いう意味が込められて

いるそうです。

今回は、秋ということで久方での「芸術の秋」

「文学の秋」についてご紹介します。

(絵手紙教室)

「こんなこと、家ではなかなかできないからねぇ。」

「これってこのまま送れるの?」とおっしゃられながら

取り組まれています。また、「絵具だと想った色が

造れないわ。」と苦戦されながら取り組まれています。

(タイルアート)

久方では、タイルを細かく割って絵を造る

「タイルアート」の時間があり、季節に合った作品を

造って頂いています。

「細かくて、難しいけどパーツが合うと嬉しいよ。」

とおっしゃられながら皆様真剣に取り組まれています。

(寺子屋、久方)

久方では、芸術以外にも文学にも皆様に参加して

頂いております。

週に1~2回、外部から先生をお招きし書道教室を

開催しています。皆様、書道はされて事のある方が多く

人気があります。

他にも・・・

習ペーパーやぬり絵などといった事にも参加して

頂いております。

 

今回は「芸術の秋」ということで、久方での

芸術をご紹介いたしましたが、いかがだったで

しょうか。

次回、芸術以外の秋「スポーツの秋」や「食欲の秋」

についてもご紹介していきます。

2014.11.15 Sat

お針子さん

朝の散歩の足元に、落ち葉を踏みしだく音も

する季節となりました。

いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は久方のお針子さんを紹介します。

久方の取り組みの中に『お針クラブ』があります。

その中には、『刺繍』や『ぞうきん縫い』があります。

「小学校の時に運針縫いと言う縫い方を習った事を思い出すなぁ。」

と話されていました。一番初めに習う縫い方だそうです。

運針縫いの仕方は、上半身を正しく座り、胸を張らず、

肩の力をぬき、楽な姿勢で行います。縫い方は、針先を布の向こうに通し、

布を大きくつかみ、針先を布の手前に押し通しながら縫います。

「ミシンで縫うのは楽ちんだけど、手で縫った方がやっぱりいいわね。」と。

「ぞうきん縫いは昔されていましたか」と伺うと、

「女なら誰でもやっていたわよ。」「昔、子供のためにぞうきんも

手で縫っていましたよ。」とお話して下さいました。

「針に髪の油をつけると針の通りが良くなるのよ。」

「しつけ糸と手縫い糸の違いの分からない人が最近増えてきたわ。」

「縫い糸も用意しないとね。」と教えて頂きました。

 

利用者様に教えて頂ける事が多くて、とても助かっています。

おばあちゃんの知恵は素晴らしいですね。

 

これからもおばあちゃんの知恵を日頃から皆さんに教えて頂き、

色々な取り組みを利用者様と一緒に行っていきます。

また、次回のご報告をお楽しみにして下さい。

PAGETOP