事業所案内
2010.10.21 Thu

【ライフケア山根】朝の散歩、お風呂について

ライフケア山根:散歩の様子【ライフケア山根】朝の散歩、お風呂について

10月に入りましたが、今年はまだまだ日中暑い日が続いています。朝夜の寒暖の差も激しいので、体調管理に気をつけてくださいね。

さて今回は、ライフケア山根での朝の散歩やお風呂についてです。普段何気なくご利用者様と一緒に行っている散歩やお風呂ですが、実は色々な意味を含んでいます。さっそく朝の散歩の様子から、ご紹介させていただきます。

【 朝の散歩 の様子】

ライフケア山根:朝の散歩の様子ご自宅でご家族様と一緒になじみの場所を気持ち良く散歩したい その気持ちを大切にし、ライフケア山根としてできること・・・ 家族との散歩の状況を想定し、使い慣れた歩行器を利用することもひとつの方法です。屋外での環境になれるため、なじみのある歩行器を使用して外を歩く機能訓練もします。オアシスの森を横に心地良い空気の中で練習することにより、心身ともにさわやかな気分になります。

「1、2、1、2…」と、スタッフの掛け声と一緒に、足を上げ歩きます。

散歩の道のりで学校の近くを通り、賑やかな子ども達の声や姿を見てたり、草木の色の変化を眺めたり…外にでることで、ご利用者様との会話の内容もまた違ったものになります。

【散歩の意味】

ライフケア山根:朝の散歩朝の散歩は、歩行の機能訓練を兼ねたリハビリの一環でもあります。誰でもリハビリを向上心を持ちながら継続するのは難しいもの。しかしその先に何らかの理由を見出すことで、ご利用者様の「やりたい」という気持ちに繋げていきます。
「100mを歩く」という事自体を目標にするのではなく、「お花を見に公園に行こう」という目的を設定することにより、ご本人様の気持ちも楽しく、行って帰ってこれますよね。ご利用者様が「出掛けることって楽しい」と見直すことによって、活動範囲の確保をしてもらうことができます。

【ご利用者様の気持ちに沿った考え方】

ライフケア山根:散歩についてまずはご利用者様の気持ちを一番重点において、
「歩かなきゃいけない」とか、「歩いてそこに行くことが必要だから」歩きましょうではなく、
たとえば「孫の結婚式に出席したい。」というご希望のあるご利用者様のためには何が必要か?
→そのための歩行の機能訓練という風に、
まずは歩くことが目標ではなくて、その上の目標のための手段のひとつとして「散歩」をあげることで、ご自身のモチベーションにつなげていけます。

次は散歩の後に入っていただく、お風呂について。

【お風呂について】

散歩をして汗をかかれた方、一人ではお風呂に入れない方、ご家族様から入浴希望のあるご利用者様に声をかけてお誘いし、お風呂に入ります。

当施設のお風呂には機械浴はありません。あえて機械浴でない一般的なお風呂を使うことで、浮力を利用して体を保持していただいたり、お風呂の中で運動していただいたり、といったリハビリの一環にもなっています。手すりがあって、そこに支えてくれるスタッフがいることで、お風呂に入りたいから頑張ってはいろうという方もいらっしゃいます。

ライフケア山根:お風呂についてライフケア山根:お風呂の時間

写真のひのきのお風呂は、ライフケア山根で実際に使用しているものの一つ。ひのきのお風呂には踏み台を使って入っていただくのですが、体操で足上げをしてもなかなか上げられない方も、お風呂に入るという目的によって、いつも以上に足があがったり、またいだりする動作ができるようになる方もみえます。

確かに機械浴を使ってお風呂に入るのは楽ですし利点はありますが、ご家族様の介護力があり、なんとかお風呂に入れる環境がご自宅にあるのに、ここで自動ではいれてしまうお風呂に慣れてしまうのが、はたしていいのかどうか。それでは「在宅生活の支援」にはならない気がします。自分の力を少しでも出して、気持ちのいいお風呂だったと感じていただくために、毎日スタッフも工夫をしながら、入浴のサポートをさせていただいております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、朝の散歩やお風呂について、お話をさせていただきました。
次回は、普段行っている作業療法について、ご紹介したいと思います。
ぜひご覧になってみてくださいね♪

2010.06.27 Sun

フラダンスの様子&ライフケア山根ご家族様インタビュー

ライフケア久方:フラダンスの様子ライフケア久方にて、フラダンスの様子

今回は、ライフケア山根のご利用者様の娘さんにあたる、橋口さん(写真中央)が代表を務めるフラダンスグループ、「ハーラウナーレオアネラ」の皆さんが、ライフケア久方に踊りを披露しにきてくださいました。
ぜひ、娘さんの踊る姿を見ていただこうということで、ライフケア山根からご利用者様をお招きし、フラダンスのショーを開催しましたので、今回はその模様やご家族の橋口様のお話などをご紹介したいと思います。

▼まずは、ライフケア久方でのフラダンスショーの様子をご紹介★

ライフケア久方:フラダンスの様子

色とりどりのきれいな衣装で、「月の夜は」「アロハ・オエ」など、有名な曲をはじめ、日本でもなじみのある「涙そうそう」が元曲のフラバージョン、「カノホナピリカイ」など、たくさんの曲を踊っていただきました。「月の夜は」の曲際には、振付をレクチャーしていただき、ご利用者様と一緒に踊ります♪
最後は手の親指と小指を広げて、みんなで「マハロ」のポーズ★「マハロ」とは「ありがとう」という感謝の意味をあらわすハワイの挨拶のハンドサインなのですね。

▼グループ代表:橋本さんのソロダンスです★

ライフケア久方:フラダンスの様子ライフケア久方:フラダンスの様子

グループ代表橋本さんのソロでのダンス披露です。『今日は父も見ている前で、親への感謝、いつもお世話になっているスタッフの方々、また今日皆さんにお会いできたことへの感謝の気持ちを込めて踊ります。』と橋本さん。ご利用者様も食い入るように、橋本さんの心のこもったフラを見守ります。何も言葉をかわさなくても、お二人の心が通じあっているのが見ているだけで伝わってきました。


▼ご利用者様も大満足。楽しい時間を過ごすことができました。

ライフケア久方:フラダンスの様子ライフケア久方:フラダンスの様子

最後も「月の夜に」を、皆さん一緒に踊ります♪観て楽しむだけでなく、なんと言ってもフラの一番の魅力は「誰でも踊ることができる」こと。
リズムにのせてゆったりと踊るうちに、まるで心も身体も心地よくほぐれていくようですね。ご利用者さまも一緒に、笑顔いっぱいの楽しいフラの時間をすごすことができました★


▼最後はご利用者の皆様にひとりずつ、お別れの握手です

ライフケア久方:フラダンスの様子ライフケア久方:フラダンスの様子

フラダンスが終わって、グループの皆さんがご利用者様ひとりひとりにお別れの握手です。「今日はありがとうございました」「また呼んでくださいね」とご利用者様ひとりひとりの目を見ながら、笑顔で握手をしたり、ハグをしたり。本当に楽しい時間をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フラダンスが終わってから、ご利用者様のご家族である代表の橋口さんに、お話をうかがうことができましたのでご紹介したいと思います★

ライフケア山根ご利用者様インタビューライフケアについて、お話を伺いました。

今年の3月からライフケア山根で父がお世話になっていますが、とにかくスタッフの皆さんがとっても献身的で、とても良いです。今までいろいろな施設を利用させてもらってきましたが、ここまで本人のことを一緒に考えて、動いてくださるところは他ではないと思います。
実際、父の調子もこちらに来てからすごく良くなりましたし、今日もこうして父の前で踊れて幸せ。とても感謝しています。

ライフケア久方:フラダンスの様子フラダンスの楽しさを通じて、「生きることの素晴らしさ」「命への感謝の気持ち」を伝えたい。

「生きていることはすごく素敵なこと。雨の日だって風の日だって、生きていればそれはすごく素敵な人生のうちの一日だと思います。フラを通していろいろな所をまわらせていただいていますが、私は戦争を体験した皆さまを本当に尊敬しています。これからも、皆さまが健康でありますように祈って、またこちらで踊れることを楽しみにしています。また是非呼んでくださいね。」

フラダンスを通じて、病院やデイサービスでのボランティア活動を行っている、橋口さん。その活動内容は、ハーラウナーレオアネラのHPで詳しくチェックできますので、ぜひ興味のある方はご覧になってみてくださいね。

2010.05.25 Tue

【ライフケア山根】むつみ会の様子

ライフケア山根:むつみ会の様子ライフケア山根:むつみ会の様子
今回は、山根町コミュニティセンターで毎月一回開かれている、「むつみ会」の様子をご紹介いたします。

「むつみ会」とは…?
むつみ会は、ボランティアや民生委員の方によって、
←こちらの山根町コミュニティセンターで毎月一回行われている、山根学区の高齢者の方のための懇親会です。
山根学区内で一人暮らしをされているご高齢者の方々や、グループホームの御利用者様などが集まり、レクリエーションやお食事、などを通して親睦を深めます。

山根町コミュニティセンター

AM11:30頃
ライフケア山根からすぐ近くの距離にある、こちらの山根町コミュニティセンター。
この日もたくさんの参加者がいらっしゃいました。

最初にこちらの1Fで、レクリエーションや体操、歌を歌ったり、またスタッフの方からの連絡事項などのご連絡をした後、2Fでみなさんでお昼ご飯をいただきます♪

【まずは健康体操から…】

山根町:むつみ会の様子山根町:むつみ会の様子
最初にみなさんで体操を行います。座ったままでできる柔軟や、イスを使った体操などをし、体をほぐしていきます。

山根町:むつみ会の様子山根町:むつみ会の様子
次は歌をうたいながら、楽しくレクリエーション。↑こちらは「でんでんむしの歌」をみなさんで歌いながら、頭のはたらきを活発にさせる体操です。

山根町:むつみ会の様子ライフケア山根:むつみ会の様子

ここで少し遅れてライフケア山根のご利用者様のみな様も到着。体操に参加していきます。
「夏も近付く八十八夜~♪」と歌にあわせて手拍子をしながら、隣の方にタッチします♪リズムが早くなるとこれが意外と難しいんですよ。

【皆さんで歌を歌います♪】

山根町:むつみ会山根町:むつみ会の様子

次はみなさんで歌を歌います。この間も、ライフケアスタッフがついて、ご利用者様と一緒に参加します。

・青い山脈
・高校三年生
・瀬戸の花嫁
・北国の春  などなど、少し予定時間をオーバーする程(笑)たくさんの歌を皆さん一緒に歌いました。

【お楽しみの、昼食時間です】

山根町:むつみ会の様子山根町:むつみ会の様子

1Fにて、体操やレクリエーションの時間が終わったら、2Fに移動して皆様お楽しみの昼食の時間です。
手作りのお吸い物やフルーツもついて、とても美味しそうですね♪

山根町:むつみ会の様子山根町:むつみ会の様子

一人で食べる食事は味気ないもの。皆さんで、一緒に食べるお昼ごはんは、より一層格別ですよね。一人暮らしの方は得にそうではないでしょうか。
施設の中にいるだけでなく、こうして外に出て、地域の方々とお話をしたり、ふれあいながら交流を深めていくことも、とても大切なことだと思います。

今後もこういった懇親会の様子なども随時ご紹介していきたいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

PAGETOP