事業所案内
2019.09.18 Wed

皆さんと一緒に流しそうめん!

 

こんにちは!神明の冨田です。厳しい暑さの日が少なくなってきましたね。

夏の終わりを肌で感じる事が多くなりました、早く涼しい秋がやってくるといいですね。

さて、本日は神明の皆さんとライフケアキッズの子ども達と一緒に

夏の風物詩?!流しそうめんを行いました!

子ども達もたくさんお手伝いをしてくれるとの事で

「私らが手本を見せないと危ないよね」

「畑の大葉を薬味にすると美味しいよ。」

「一緒にやれるなんて嬉しいね!懐かしい感じ」

皆さん子どもさんに教えながら素敵な笑顔♪

 

 

 

 

 

 

 

 

手際よくそうめんを湯がいてくれます。

「火の扱いは大事だからね。慣れてる私らでやらんとね」

「皆で見とけば大丈夫だね」

「たくさん湯がかんといかんで頑張るよ~!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達はその間に薬味を切って貰ってます。

「教えたとおりにできるかな?」

「娘の初めての料理の時もこんな感じだったね」

 

 

 

 

 

 

 

 

「これだけ人がいると湯がえるのも一苦労だね」

「私流しそうめん初めてなんだよね」

「その分一杯食べないかんね♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

準備が終わり・・・

さぁ!!流しそうめんの始まりです!

「流しますよ~」の掛け声と共に皆さんの箸が一斉に動きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

「よく食べるね~やっぱり若いな~」

「私たちより直ぐ取れるね」

「いっぱい食べなさいね~♪」

子どもさんと一緒に過ごす時間は

皆さんにとってかけがえのない時間となりました。

自分の子供を見るような、本当にやさしい眼差しで

見つめていらっしゃいました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

「美味しいね。夏はそうめんだね。」

「食べると不思議と涼しくなってくるね。」

夏を肌で、味覚で感じて頂けたようです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

車椅子の方も後ろの方でゆっくり食べてもらっています。

「美味しいよ。皆が分けてくれるから私お腹いっぱいだよ」

と笑顔を見せてくれました!

「流しそうめん楽しかったね」との声があり

皆さんも子ども達も満足してくれました!

また来年もみんなでやりましょうね~♪

 

 

エンパシーホームライフケア神明 冨田 享

2019.08.14 Wed

夏の収穫祭り!!

こんにちは!神明の冨田です。

早速ですが今日は以前お話しした畑のお話をしたいと思います!

以前お話しした時には畑に野菜の芽ががいっぱいな程に広がり

「もう少ししたら収穫できるね!」

といった状態でした。

あれから月日がたち、畑には緑がいっぱいな程に広がり

野菜たちも無事に収穫できるほど大きくなりました!

早速皆さんと収穫していきます。

 

 

 

 

 

 

「今日も暑いね~」

「でもこんなに野菜がいっぱいなってるよ♪」

「あら~すごいねぇ、こんなになってまぁ~」

 

 

 

 

 

 

「ほら~見てっ!大きな茄子、色もいいね~」

「こっちにもピーマンやら、オクラまであるよ」

「トマトなんて食べきれないほど取れたがね~」

 

 

 

 

 

 

皆さんで手分けして集めたらこんなに沢山収穫できました!

まだ成長中の野菜もあったのでこれからもどんどん収穫できそうです。

さて、折角取れた野菜も腐らせてしまってはもったいないので

皆さんで話し合って簡単な料理を作ってみました。

 

 

 

 

 

 

「先ずはへたを取らないとね、食べられないとこはしょうがないからね」

「こういうことは私に任せといて♪」

 

 

 

 

 

 

「悪いとこも先に取っておくよ。」

「じゃあ、そっちはお願いね」

手際の良さやチームワークはさすがです♪

 

 

 

 

 

 

「ピーマンは中の種も取っておくよ」

「昔息子がね、この種でピーマン出来るの~?なんて聞いてきたことがあってね~」

「子供ってなんでも気になるんだよね~」

「そうそう、可愛い事たくさん聞いてくるよね」

話にも花が咲きます♪

 

 

 

 

 

 

「これからどうする~?」

「ぬか漬け、味噌と焼いてもいいけど、今日は塩もみして付けようか」

「ああ~聞くだけでおいしそうだね」

「トマトは皆におすそ分けかね~」

「塩もみと言っても簡単でね、少しお酢と塩でもむだけだよ。」

「どこの家でも昔から作ってたと思うよ。簡単だからね」

と皆さんで協力しすぐに出来上がりました!

 

 

 

 

 

 

「塩加減もいいし、お酢も効いてておいしいね」

「母が昔作ってくれたの思い出したよ。また食べてみたいな」

とれたて野菜で母の味を思い出せる。

皆さんでとても良い充実した時間を過ごせました。

ご近所の皆さんもぜひ畑の野菜たちを見に

気軽にお立ち寄りくださいね!

お待ちしてます♪

 

エンパシーホームライフケア神明 冨田 享

2019.07.16 Tue

自宅で出来る!?有松絞り体験!

こんにちわ!神明の冨田です。

蒸し暑い日々が続いてますね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

神明の皆さんは七夕の飾りや笹を片付けてホッと一息・・

と言ったところでしょうか。

「あっついね。汗が止まらないよ」

「手拭きがあるで良いけど・・新しいのあるかな?」

とスタッフ含め困っていたところ・・

新しいスタッフが『有松絞り』の経験があると言い

「皆さんで作ってみましょう!」

と提案してくれました!

 

ここで有松絞りについて少しだけ解説を・・

有松、鳴海地域を中心に作られる絞りで、日本の伝統工芸品に指定されています。

ライフケア神明から車で10分程、ライフケアキッズからは徒歩で行ける

有松駅周辺で『有松絞り祭り』の時に販売、配布がされています。

 

さて、白地の布を用意して、雑巾絞りのようにした布や

ビー玉を詰めた布を輪ゴム等で止めていきます。

「雑巾絞りしながら輪ゴムで止めるって一人じゃ難しいわ」

「私が止めるから持っててよ!」

「手が悪い私はビー玉を詰めることにするわ」

自然と皆さん協力しながら進められていました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に塗料入りのバケツと熱湯を用意します。

塗料に熱湯を馴染ませるため暫く待ちます。

「なんか待つのもワクワクするねぇ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「紫の色だね。紫は高貴な色なの。私は大好きですよ」

「独特な色合いだね~!きれい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱湯が冷めお湯になった頃に先ほどの布を入れて塗料に染み込ませます。

少し棒等で混ぜてみるとよりきれいに仕上がるそうです。

「これ!まだまだ熱いよ!絞りの人たちも大変だね。」

20分ほどで水洗いをして脱水をします。

(洗濯機等で脱水して大丈夫です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱水が出来たらいよいよ輪ゴムを切って確認します!

「輪ゴムだけ切るってなかなか難しいね」

「どんなのになるか楽しみだね♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わっ!なんてすごい!言葉が出ないくらいだよ!」

「なんか、歴史も感じるよね。ここらの誇りだね♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不思議な模様だね。世界に二つとないよ」

「本当にそうだね。私たちだけの模様だよ」

皆さんとても満足されているようでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなに綺麗なのが出来るとは思わなかったよ」

「これだけ綺麗だとお店ができそうだね」

「持って帰ってもどう使うか迷っちゃうね」

一人一枚お持ち帰りしてもらいました。

私もこんなに綺麗に出来るとは思っていなかったのでとても驚きました!

 

エンパシーホームライフケア神明 冨田 享

 

PAGETOP