事業所案内
2019.08.12 Mon

ドキドキ! 参観日!!

8月1日に、キッズの参観日がありました。

お母さんたちの前で、日ごろの成果を披露しました。

この日に向けてがんばってきた子どもたち。

「ねえ、いつお母さん来る?」

「もうすぐ来るんじゃないかな?」

「ねえ、練習してていい?」

「いいよ! どうぞ」

「分かった!」

「ねえ○○ちゃん、一緒に弾こう!」

「いいよ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ピアニカで合奏!

「カエルの歌を弾きまーす!」

「ええ~~!!! あきた!」

「じゃあ、ト長調で弾きます!」

「え~~~!」

カエルの歌の曲はお手のもの!

だから、キッズではその上をいって長調を変えて弾きますが、それでももう飽きたようです。

~ソーラーシードーシーラーソー♪~

 

 

 

 

 

「次は、ミッキーマウスマーチをやりますよー♪」

「え~~~・・・」

そうはいうものの、先生の伴奏が始まると、タイミングよく入ります!

~ファ ファファ ファファ ファファ ファ ソファミレドー♪~

 

 

 

 

 

この曲はリズムが難しく、曲も長めですが、今では子どもたちが一番上手に弾ける合奏曲。

最初は分からなかった子も、何回も繰り返しやったことで、吹けるところが増えたり、アレンジを加えることができるようになったりしました!

また、家でひそかに自主練してくる子もいます。

いきなり弾けるようになって、職員がビックリすることも。

 

 

さて、今度は自分の好きな曲を発表したい子たちのステージ。

「発表してくれる人!」

「はーい!」

自分から、4人も手を挙げてくれました。

 

 

 

 

 

歌う時に、楽しくてついつい体が動く子

思わず元気が良すぎてしまう子

覚えた歌詞を思い出しつつ歌う子

そして、キッズで練習を一生懸命していた二人の連弾!

最高のパフォーマンスを見せ、お母さんたちを驚かせました!!

 

 

最後に、歌の時間。

みんな歌が大好きです。

みんなテレながらも、目の前にいるお母さんたちに届けようと、大きな声で堂々と歌いました!

 

♪ にじが にじが そらにかかって ♪

 

 

 

 

 

 ♪ じんせいは かみひこうき ねがいのせて とんでゆくよ ♪

 

歌が終わり、「これで、音楽教室を終わります。」の言葉とともに、お母さんたちからの温かい拍手に包まれました。

楽しい時間はあっという間ですね。

 

目の前にいるお母さんたちが気になった子。

この日に向けて、自主練した子。

「ずっと緊張してた!」という子。

普段、子どもたちがどんなふうに頑張っているのか見ていただけて嬉しいです。

お母さまをはじめ、来てくださった皆様、ありがとうございました。

(ライフケアキッズ有松 正木)

 

 

2019.07.12 Fri

おねがいごと、なににしよう?

7月7日は七夕!

キッズでは、笹かざりの短冊に、お願い事をたくさん書きました。

 

 

「ねえねえ、何やってるの?」

「おねがいごと書いてるんだ~」

「私もやりたーい!」

 

 

 

 

「○○ちゃんは、何書くの?」

「模様書くよ! そのあとおねがいごと書くの」

「きれいだね~。お星さまの模様、上手だね!」

 

 

 

「ぼくは、筋肉マン!」

「筋肉マン?」

「リング~~にぃ~♪」

「なになに?」

「○○くん、スキなんだ」

 

 

 

「○○ちゃんは?」

「ん? ナイショ! 見ちゃダメ!」

「わたしのも見ちゃダメー!」

 

 

ある子は覚えたての字を、ある子は習った漢字も使って、心をこめて書きました。

今度は、書いた願い事を、笹にひもで結び付けるのにチャレンジ!

 

「先生! こんな感じ?」

「うん。バッチリ!」

「結びにくかった! でもできたよ!」

 

 

 

「先生、見てみて~」

「おお! 上手に結べるね!」

「うん! もっとやる!!」

 

 

 

「わたしもやれるよ!」

「みんな、ひもで結ぶの上手になったね~」

「うん! 願いごと、叶いますように!」

 

 

家族のこと、ほしいもの、なりたいもの、食べたいもの、やりたいこと・・・・・。

 

 

たくさんの短冊で、笹がにぎやかになりました。

みんなの願いが叶いますように!

 

 

 

 

 

〈おまけ①〉

7月2日はコミュニティ食堂で、ペルー特集を開催しました。

 

ペルーの料理をするにあたって、「わたしが来て作ってあげるよぉ!」と、こちらのコミュニティ食堂によく足を運んでくださる○○さんが、おいしい料理を作るため、腕をふるってくださいました。

 

 

 

今日は卵とジャガイモをたくさん使うようで、大きな鍋にいーーっぱい!

「これ、全部使うんですか?」

「そう! これだけないと足りないの」

 

 

ゆでたジャガイモは、手のひらにのせて、皮をむいていきます。

日本のように、まな板を使う文化は世界的に珍しいのだそうです。

メインディッシュは、「アヒ・デ・ガジーナ」という鶏肉のイエローペッパー煮込み。

鶏むね肉、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンニクなどを加えて・・・。

 

こちらが完成品です!

真ん中には、オリーブの実がのっています。

本格的な味に、どのように作られたのか、お聞きくださった方もいました。

 

 

 

食堂に来てくださった皆様、○○さん、ありがとうございました!

次回のコミュニティ食堂は16日(火)です。ぜひお越しください。

 

ライフケアキッズ有松  正木

2019.06.11 Tue

水族館だ! イルカショーだ!!

5月18日。待ちに待った水族館におでかけー!

「ペンギンいる?」「ペンギン見る?」とやたらペンギンが気になる○○くん。

「ごまちゃんもいる?」

 

そんなことを車の中で話しつつ、名古屋港水族館に到着。

中に入ると、大きな、大きな、

大――きな水槽がドーンと。

「あ! イルカがいる!!」とみんな水槽に駆け寄っていきました。

「こっちに来ないかなー」

 

 

すると、タイミングよく2匹のイルカが子どもたちの前へ。

「あー!! きたー!! きたよー!」

水槽にへばりついて、水の中をのぞいている子どもたち!

 

 

 

子どもたちは少し満足したのか

「先生はやくイルカショーのとこ行こー!」

「はーい。イルカショーはね、お昼ご飯が済んでから見に行くからね」

「分かった。ぼく牛丼がいい!」

「ぼくはハンバーガー!」

「みんな~レストランで食べるんだよ」

「えー! レストラン!」

「でもマックがいい!」ですって。

 

 

レストランで子どもたちはハンバーグ定食を食べました。

 

子どもたちは食べながら

「こーんなにゆっくりハンバーグを食べたのは初めて」

「たまには こういう雰囲気もいいよねー」ですって。

 

 

みんな、慣れないフォークとナイフと戦いながら、おいしそうに食べていました。

 

 

レストランを出ると、マグロの模型やカニ・エビなどの『お寿司のネタの魚』をたくさん紹介しているお部屋がありました。

 

「これ、なんだろう?」

足元に映っている字が何の魚か当てるクイズになっているようです。

子どもたちの中には「ほら! 映ってるよ!」と自分の影が映るのを楽しむ子もいました。

 

好奇心は膨らむ一方です。

「わあ、おいしそう! 食べたーい!」

たった今、レストランでハンバーグランチを食べたばかりのみんなです。

 

 

そして、イルカショーのプールへ着きました。

ここは、イルカたちが待機している水槽の前です。

 

「イルカたち どこぉ?」

「あっ、あそこでエサをあげてる」

「イルカたち、今準備してるんだねー」

 

この後、客席のほうへ移動。

しかも、この席は絶対水がかかるよ、という席をわざわざ目指して子どもたちは座ります。

ソワソワ、ウキウキ。待っている間だって楽しそう。

「ねえねえ、いつはじまるの?」

「そうね、始まる時はお姉さんたちが言ってくれるよ」

「ここだと水かかるかな?」

「かかると思うよ。席替わる?」

「ううん! むしろかかってきてほしい!」

この日はお天気のよい日だったので、少しくらい濡れても大丈夫だね。

「まだかなー?」

 

「あ! きたー!!」

みんなの目が釘づけに! そこには、ジャンプするイルカの姿。

子どもたち、大興奮!

「わおーー!」

「かっこいー!」

「こっち来た、来た!」

「あ! タッチするボールが出てきた!」

「どこ? どこ?」

 

どの子も目を輝かせて、イルカの行く先を見つめます。

 

すると、その時です・・・

バッシャーーン!!!

 

 

「うわぁーー!」

「キャー!!」

「気持ちいーい!」

 

 

 

 

思っていたより水のかかりが少なくて、内心ホッとしている先生でした。

 

 

 

この後は、○○くんが楽しみにしていたペンギンや、ごまちゃんを見に行きました。

「わあ、ペンギンさん」と、しばらくの間ペンギンをニコニコ見つめていました。

いろんな生き物を見ているうちに、あっという間にお帰りの時間。

はしゃぎすぎて、車の中ではぐっすり眠る子、遠くを見つめてボンヤリする子。

今日の夢にはイルカさんがでてくるのかな?

 

 

おまけ①

毎月防災、避難訓練を行っているキッズたち。

水消火器を使って、消火器の使い方やどの場所にあるか教えてもらったり、お話しを真剣に聞いたりしました。

 

「もし火が出ているのを見つけたら、大人を呼ぶんだよ!」

「はーい!」

「わかってる!」

 

 

 

「先生と一緒に消火器やってみる?」

「え? いいの?」

「やってみたい?」

「ぼく やる!」

 

 

水消火器に入った水を火の絵が描いてある的めがけて発射!

 

「しっかり持ってね」

「えーーい 消えろーー!」

水圧で、的がゆらゆらし始めました。

「よし、もう少し!」

 

すると・・・

的がたおれて『消火成功』の文字が。

 

「はい、無事に火が消えました」

そして「何かあった時は真っ先に先生を呼ぶんだよ」とおじさん。

「ハーイ!」

 

 

キッズでは、もしもの時に無事避難できるよう、毎月の訓練を大切にしています。

 

 

 

おまけ②

今年の夏も、みんなで夏野菜収穫に向けて苗を植えました。

 

「ここはトマトの苗ね」

「ここはきゅうりだよ」

「みんな よろしくね」

「OK!」

みんな手なれた様子で上手に植えていきました。

トマト、きゅうり、パプリカ、ピーマン、ナス、トウモロコシ、さつまいも。

たーーくさん植えました。

そして、子どもたちお手製の看板を作ってもらい、後からたてる予定です。

 

 

今年の夏もきっと暑くなることでしょう。

枯れないように、水やりがかかせません。

みんな、たのんだよ! しっかりお世話してね。

 

 

(ライフケアキッズ有松 正木)

 

PAGETOP