事業所案内
2021.01.12 Tue

新しい年に思いをはせて

新しい年がやってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

さわさわとしていた師走から新しい年となり、

これからもひとつひとつの時間を

大切にしていきたいと感じています。

 

 

小規模多機能ホームでは、

新型コロナウイルスの影響で外出する機会が減ったり、

寒さで出かけることが億劫になってきても、

ご利用者様の体調に合わせて

短くても外へ出掛ける時間を大切にしています。

 

 

ただ出掛けるのではなく、

季節の変化を感じて頂いたり、

体力維持であったり、

仲間との楽しみであったり。

目的はご利用者様それぞれですが、

これだけ寒くなってくると

出掛ける時には心構えが必要にもなります。

 

 

「寒いね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員、ご利用者様ともに

外へ出た途端に驚いて声が上がってしまいます。

「あれ?梅の木がピンクっぽくなってつぼみもあるね」

 

 

 

 

 

 

「暖かい日が続いたもんなあ。間違えちゃったのかな?」

「落ち葉が赤くてきれい」

 

 

 

 

 

 

五条川や敷地内の花や木々、鳥たちを見て

本当に様々な声が聞こえてきます。

そんな時に、ふと、

ご利用者様から相談が出るものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は朝腰が痛かったから、

あんまり遠くには行けないからここら辺にしたいわ」

無理のない範囲で、ゆっくりで大丈夫ですよ。

「じっとしてばっかりではいけないからね。歩かないと。」

 

 

 

 

 

 

ご利用者様の想いを大切にするとともに、

どのようにしたら、今の生活を維持していけるのか、

目指すところを達成できるのかを念頭におき、

今年も日々精進していきたいと思います。

 

 

 

小規模多機能ホーム  ライフケア岩倉

納 静香

2020.12.14 Mon

みなさまの、ちから

外の景色は、秋から冬へ・・・

すっかり寒さが身に染みる毎日となりました。

 

 

皆様が自宅での生活を続けていくために、

私達は何のお手伝いができるのか。

いつも考えます。

 

 

調理する機会、ご自宅では少なくなっているかと思います。

主婦として、かつても、今現在も、

頑張ってこられた女性の方はたくさん見えます。

 

 

母親が料理をするとき。

台所で立っている後ろ姿を眺めていたのを思い出します。

皆様、調理するとなると、自然と立ち上がるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時に、私達は特別な支援をする必要はありません。

皆様、人生の大先輩。

教えて頂くことばかりです。

 

 

リンゴの皮をむき、小さくそれを切る。

包丁使いはお手のもの。

「 りんごはこうやって切ると簡単よ 」

 

 

 

 

「 私これやるから、おたく、これお願いできる? 」

お互い助け合いながら役割分担して

調理を進めてくださいます。

 

 

 

 

「 こんな感じでいいのかしらね 」

相談し合って決められていきます。

「 蒸し器を使ってやる方が良さそうね 」

話し合いの上、最終段階も決まり・・・。

 

 

 

 

「 できた! 」

 

 

 

 

「 私も食べていいの? 」

「 みんなの分を作ったからいいのよ 」

その日のおやつは大好評。

あまり作り慣れないものでも、

経験がものを言う、とは、こういうことでしょうか?

 

 

調理をしばらくされていない方でも、

月日は経っていても、腕は覚えている。

調理の機会は、私達スタッフも

ご利用者様から教えて頂く事がとても多いです。

 

 

ご家族様に包丁を使われていたお話をすると

「 えー、まだ使えたんですね。

さすがお母さん!

昔、よくおやつを手作りしてくれました 」

こんなお話を伺えると、

ご利用者様の当時のご様子が目に浮かびます。

 

 

よく、リハビリが大切と言いますが、

これに勝るリハビリなんてないのでは?と思えてしまいます。

 

 

今年も残すところ、あとわずか。

まだまだ至らない私達ですが、

ご利用者様皆様に負けないよう、

一生懸命考えて、悩んで、

来年も頑張りたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

 

 

小規模多機能ホーム ライフケア岩倉

服部 めぐみ

2020.11.07 Sat

寒さが強まる中…

こんにちは!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

寒さもだんだんと深まりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小規模多機能ホームでのお抹茶の会の

ご様子をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶菓子はもちろんのこと、

ご利用者様ご自身に点てて頂いたお抹茶を

いただく時間です。

 

「おいしい。」

 

そのお言葉はもちろんのこと、

昔の思い出もお話してくださいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「昔、娘時代に習ったよ。」

「花嫁修業の一つだった。」

「今でこそやる機会は少ないけれど、飲みたいときは今でも家でたてるよ。」

「兄がやってて私も習って。ああいい匂い。…美味しいわ。」

 

 

恥ずかしながらお抹茶の作法が

良く分かっていない職員に対して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「抹茶の粉はこうしてやると良いよ」

教えてくださる利用者様もいらっしゃいました。

人生の大先輩方に教わることは

日々たくさんあります。

 

 

 

秋の音楽を流し、秋の花を飾り、お抹茶が香る。

五感で感じる機会となったのではないでしょうか。

 

また、こういう機会を、時間を

大切にしていきたいと深く感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小規模多機能ホーム ライフケア岩倉

納 静香

 

PAGETOP