事業所案内
2020.12.14 Mon

みなさまの、ちから

外の景色は、秋から冬へ・・・

すっかり寒さが身に染みる毎日となりました。

 

 

皆様が自宅での生活を続けていくために、

私達は何のお手伝いができるのか。

いつも考えます。

 

 

調理する機会、ご自宅では少なくなっているかと思います。

主婦として、かつても、今現在も、

頑張ってこられた女性の方はたくさん見えます。

 

 

母親が料理をするとき。

台所で立っている後ろ姿を眺めていたのを思い出します。

皆様、調理するとなると、自然と立ち上がるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時に、私達は特別な支援をする必要はありません。

皆様、人生の大先輩。

教えて頂くことばかりです。

 

 

リンゴの皮をむき、小さくそれを切る。

包丁使いはお手のもの。

「 りんごはこうやって切ると簡単よ 」

 

 

 

 

「 私これやるから、おたく、これお願いできる? 」

お互い助け合いながら役割分担して

調理を進めてくださいます。

 

 

 

 

「 こんな感じでいいのかしらね 」

相談し合って決められていきます。

「 蒸し器を使ってやる方が良さそうね 」

話し合いの上、最終段階も決まり・・・。

 

 

 

 

「 できた! 」

 

 

 

 

「 私も食べていいの? 」

「 みんなの分を作ったからいいのよ 」

その日のおやつは大好評。

あまり作り慣れないものでも、

経験がものを言う、とは、こういうことでしょうか?

 

 

調理をしばらくされていない方でも、

月日は経っていても、腕は覚えている。

調理の機会は、私達スタッフも

ご利用者様から教えて頂く事がとても多いです。

 

 

ご家族様に包丁を使われていたお話をすると

「 えー、まだ使えたんですね。

さすがお母さん!

昔、よくおやつを手作りしてくれました 」

こんなお話を伺えると、

ご利用者様の当時のご様子が目に浮かびます。

 

 

よく、リハビリが大切と言いますが、

これに勝るリハビリなんてないのでは?と思えてしまいます。

 

 

今年も残すところ、あとわずか。

まだまだ至らない私達ですが、

ご利用者様皆様に負けないよう、

一生懸命考えて、悩んで、

来年も頑張りたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

 

 

小規模多機能ホーム ライフケア岩倉

服部 めぐみ

PAGETOP