事業所案内
2020.06.12 Fri

初めてのうどん作り・・・そして何ができた?

世の中がコロナ・コロナで、はや3か月になろうとしています。

キッズでは、毎日朝から元気に子どもたちがやって来ます。

時間はいっぱいあるから、あれこれいろんな事がやれるから楽しいね。

ジャーーーン!!!! 今回は初めてのうどんつくりをしました。

そうです。手でこねこね、足でもふみふみのうどん作りです。

みんなは、口々に「うどんだーい好き」「わたしも」「オレも!!」

いよいよ、うどん作り開始ーー!!

粉をこねるのは,順番にみんなでやりました。

説明では「2人でおさえて順番に1人ずつこねていくんだよ」と言っていたのに・・・・。

見てください、この様子!!

 

1つのボールに3人がいっぺんに手を入れてこね始める子供たち。

「私やる」「ぼくも~~!」

 

 

3人一緒に手を入れて・・しかも!両手ずつ計6本の手が小さいボールの中に・・・・・。

粉が飛び散りこぼれ・・「せまい」「混ぜられない」の文句を言いながら・・・・・・・。

なんとかまとまってきました。

「あとは先生が仕上げるからね」

「うわぁー。手にいっぱいくっついちゃったよー。」

 

 

そして、先生がまとめたうどんの生地は約1時間くらい寝かせます。

その間に子供たちは、うどんにトッピングする具を準備します。

いつものように上手に包丁を使ってトン!トン!トンと・・・。

 

 

 

 

 

「ほうれん草は5cmくらいの長さに切ってね。」「かまぼこは薄く切ってね」なんて、子供たちは切り方の指示をもうわかっています。

さあ、具の準備OK!! 次はいよいようどんの仕上げ!!

「みんなー、次はうどんの生地を踏んでうどんの腰を強くしまーす」

「えーー!?腰を強くする?」「なに?」「腰?」

「あのね、うどんの生地を足で10分くらい踏むともちもちのおいしーいうどんに変身するの」

「へぇーー」「私、知ってたよ」

じゃあ、うどんふみ開始ぃーーー!!!

 

「1・2 1・2」

みんなトトロのさんぽの曲にあわせて、ふみ・ふみ・ふみ・ふみ

「歩こう~!歩こう~!私は元気ぃ~~!!」

「わぁ~~~、ふにゃふにゃっとして変な感じぃーーー!!」

「さあ、あと1回トトロを歌ったらおしまいだよ。」

 

「はーい。」

「歩こう~!歩こう~!私は元気ぃ~~!!」

 

 

うどんふみ終了ーーー!!!

「はぁー、つかれたぁーー!生地がこんなになった」とペッチャンコの生地を見せてくれました。

次はこの生地をめん棒を使って、もっともっとうすくのばします。

 

「先生がやってみるから、みんなちゃんとみててね。」

じゃあ、やってみようか。

 

コロコロとめん棒を転がして・・・・

「○○ちゃん、もっと力を入れて向こう側へのばしてね」

「そうそう、力を入れて・・・。」

「○○ちゃん、そうそう上手!上手!!」

みんなもうすくのばそうと頑張っています。

みんな、なかなか上手に出来ました。

 

 

いよいよ、その生地をたたんで包丁で切ってうどんにします。

「みんなぁー、うどんだからね。うどんの太さを思い出しながら切ってね。」

みんなさまざまな太さに切っていきます。

出来た!!ゆでてみると、きしめんのようなうどんが出来ました。

中にはこんなんが出来た子も・・・・

「これ、ほうとう??」「なに?」

「だんご?」

 

 

 

盛り付けると、こーんなにおいしそうになりました。

「できたぁ」「いいにおい」

「では、いただきまーーす。」

「いただきまーーーす!!!!」

 

 

 

 

「ぼくのうどん、すごく太くなっちゃった!!食べられるかなぁ??」

 

 

 

 

初めて作ったうどんは「太くなっちゃった・・・・。」と見た目は納得していない様子。

しかし、「味は、すごくおいしい!!」と全員完食していました。

「もっと細く切るといいかも・・・」と食べながら話していたので、もっと包丁の技術を磨いてリベンジしようね。

 

    お・ま・け

5月・6月は梅の季節。キッズでは梅干しではなく、梅シロップをつけることにしました。

梅をペーパータオルできれいに拭いて、

爪楊枝でおへその黒いのを取ります。

 

 

梅に穴をあけて・・・

 

 

 

 

ビンの中に氷砂糖と梅を少しずつ交互に入れます。

最後に、酢を200㏄入れてふたをしたら暗い所へ。

 

あとは、3・4週間待っててね。

「どうなるんだろう?たのしみーーーーー。」「早く、梅ジュース飲みたーい!!」

    (ライフケアキッズ有松 布目 富江)

 

PAGETOP