事業所案内
2020.03.24 Tue

春らしさを感じながら。

暖かい日が続くようになりました。

暑さも寒さも彼岸まで、という言葉がありますが

まさにその通りですね。

 

そう、もう3月です。

桃の節句、お雛さんを飾らしてもらいました。

 

「そっちの方持ってください」

「そこのネジをお願いします」

職員と利用者様と分担して声を掛け合いながらの飾り付け。

 

雛人形を箱から出すと

「わぁキレイね」「いい顔してるわね」

 

 

「たくさんあるね~」

「娘が小さい頃は出してたな」

 

 

一つ一つ机の上に置いていくとすごい量になりますね。

 

 

「三人官女、五人囃子ね」

「家で飾りましたよ」

 

 

 

「どのあたりかな?ここかな?」

「先に箱を並べようかな?」

 

 

スタッフも一緒に首をひねりながら。

 

見本がこの位置だから・・・ここ?

「こっちの絵は太鼓かな?」

見本をみてもなにか違う気が・・・

 

 

1年に1回のことなので皆忘れちゃいますね。

 

「これで最後かな?これつけて・・できた」

なんとか飾り終えることができました。

「家はお内裏様とお雛様だけだったな」

 

 

「出すときよりもしまう方が大変だね」

どっちも大変ですね。

「早くしまわないとお嫁にいき遅れるって言うでしょ」

お雛様を見ていると色々な思い出が出てくるようですね。

 

 

 

 

 

 

今年はつるし雛も飾らせて頂いて雛祭の雰囲気を

いっぱいに感じられていました。

 

一方花壇では。

菜の花を育てていましたが、そろそろ菜の花も

終わりの季節。

「りっぱに育ったね。食べるの?」

お花の部分だけ残して片付けましょうか

「もったいないけどしょうがないね」

 

 

菜の花、雑草を抜き、手入れを手伝ってもらいました。

「茎の部分がこんなに太いね」

「ちょっと力がいるな、まっすぐ抜いたらいいかな?」

 

 

「あー腰が痛い・・・」

「でもキレイになったね」

 

 

次は何を植えましょうね

「私はお花がいいな」

また植えかえるものを相談していきたいと思います。

おかげ様できれいになりました。ありがとうございます。

 

これからもみなさまと季節の移り変わりを楽しみながら

色々なお話をしたり、意見をきいたりして、

より明るい一つ山になるようにしていきたいです。

 

小規模多機能ホームライフケア一つ山

早川 翔

PAGETOP