事業所案内
2020.03.10 Tue

「その時」を逃さない

時々雨も降り、そのためか、

まだ心なしか肌寒い日があります。

しかし、日も長くなり

ぼちぼちと暖かい日も

顔をのぞかせるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時のお天気事情にもよりますが、

外へお散歩に出掛けると、

利用者様も様々な表情を見せてくださいます。

「寒いなあ」

「いい天気やな」

「あ、花が咲いとる。かわいいなあ」

 

 

 

 

 

梅も終わりを迎えつつあり、

早咲きの桜が咲き始めました。

見に行くと、

 

 

 

「ええ!はやいなあ!」

「ほんとだな~きれい」

「五条川もこれからきれいになるのかしら」

空を見上げ、花を見つめながら

とても柔らかい表情を見せてくださいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三月三日の日です。

ひな人形を見ながら、女性の利用者様が

「まだ私、女の子でやれるかしら」

少しはにかんだ表情をされていました。

 

 

雨の日が続いた時、

利用者様にお話をお伺いしたことがありました。

「雨の日はいつも何をして過ごされていましたか?」

「縫物をやったね。着物や服。何でも作ったよ。編み物もやったな。」

少し昔を懐かしむように答えてくださいました。

 

 

 

その月、その日、その場、その時にしか

伺えないお話がある、と

改めて感じます。

 

 

利用者様の今まで取り組んでこられたことを伺うと、

 

 

「畑は、肥料だけじゃダメなんだ。土質を変えていかなきゃいけないんだ」

熱心に教えてくださいます。

 

 

お恥ずかしい話ではありますが、

私達は新しく知ることばかりで

ついついその話に聞き入ってしまいます。

 

 

これからも利用者様と同じ目線で接し、

様々なお話をお伺いさせて頂けたら・・・と思います。

 

 

小規模多機能ホーム ライフケア岩倉

納 静香

 

PAGETOP