事業所案内
2019.09.10 Tue

楽しかった!! トランポリンハウス!

夏休み、いろんな場所にお出かけに行きました。

その中でも一番盛り上がったのが、トランポリンハウス!

今回は、昨年と違って子どもたちのリクエストどおり、スポンジプールにボルダリングにと興味津津!

 

「あそこから跳べるんだよね!」

「わあ、高いなー」

「ちょっとこわーーい」

「でもおもしろそうー!」

「はやくやりたーい!!」

「あと5分待ってて!」

 

 

いよいよ、自分たちが遊ぶ番!

 

「いけーー!」

「キャ~~!!」

「わおーーーー!」

「○○くん、一緒に跳ぶよ!!」

「高いよーーー!」

「わたしの方が高いよーー!」

 

 

 

 

このトランポリンは、大きく跳ねると、どんどん跳ね上がります。

「ほら! もっと、もっと!!」

「ヒャッホー!!」

 

 

 

 

「ねえねえ、こっちは?」

「スポンジのプールだ~! それ!」

「やったなあ!」

 

 

それを見て、何かを閃いた子が。

「ねえ、先生」

「ん? なあに?」

聞いた瞬間・・・

 

気づいたら、職員はプールの中へ。

「ええ~~?!」

 

いつの間に、そんな技を・・・・・。

 

 

 

 

すると、今度はトランポリンの方から声が。

「先生! わたし跳ぶよ!」

トランポリンから、スポンジプールへジャンプ!

 

 

 

 

「わあ、いいなあ~! わたしもやる!」

「○○ちゃん、わたしも!!」

 

 

 

 

「先生、手伝って!」

「よし! それ~~!!」

思いきり、ジャンプ!

見事成功!!

 

 

 

 

でも、休みなく跳び続けていると、いつの間にか疲れてくるもので・・・

「ちょっと、きゅうけ~い」

「ふかふか~寝ないようにしないと・・・」

「ああ、たのしー」

 

 

 

 

少し休憩すると、今度は階段の方へ。

「上から跳ぶんだよね」

「どのくらい高いのかな?」

 

 

「・・・・意外に高いよ?」

「え? どうしようかな」

「うーん・・・」

 

 

 

 

「じゃあ、オレ手本になるよ! それっ!!」

職員の手を借りずに、豪快にダイブ!!!

 

 

それを見て、勇気をもらった子たち。

「じゃあ、やっぱりやろうかな。」

「先生、押して!」

「わたし、○○ちゃんに押してもらう!」

「いいよ! GO!!」

 

 

 

 

みんな、かっこよく跳べてました!!

 

一時間が過ぎるのはあっという間。

来年もまた来ようね!

(ライフケアキッズ有松 正木)

PAGETOP